フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト
←トップページへ戻る
フランチャイズの種類
フランチャイズの製造・流通チャネル、システム、店舗展開、契約、経営運営上等
におけるシステム上の種類
製造・流通チャネルの各段階の結びつきによる種類
名 称 内容説明 関連事項
製造業者-小売業者フランチャイズ メーカーが小売チャネル(小売店そのもの)、または一部または特定商品をフランチャイズ制とする場合である。 自動車・ガソリンスタンド等
製造業者-卸売業者フランチャイズ メーカーと販売を担当する卸売業者の関係に見られる。 清涼飲料のメーカーが小売店や飲食店に販売するボトラーへのフランチャイズ権の付与。
サービス提供業者(小売業を含む)-小売業者フランチャイズ 現在最も多く見られ、フランチャイズという場合はこのタイプを指すことが多い。 ・レストランなど外食業フランチャイズ
・持ち帰り弁当など中食業フランチャイズ
・塾などのサービス業フランチャイズ
・コンビニエンスストアーに代表される物販(小売)業フランチャイズ
卸売業者-小売業者フランチャイズ 卸売業者が主宰する場合と、小売業者がグループ(協同組合形式)化して主宰する場合がある。 これは、ボランタリーチェーン(契約)として分類される。
ライセンス(使用許諾)する内容と相手による種類
名 称 内容説明 関連事項
商標ライセンス型フランチャイズ(trademark license franchising)
又は別名
製品フランチャイズ
(product franchising)
又は別名
伝統的フランチャイズ(traditional franchising)
製造業者が自社の原材料や製品を、自社の商標・ブランドを使用して販売することを許諾する場合である。アメリカで発達してきたので伝統的という呼び方が生まれた。 自動車、清涼飲料、ガソリンスタンド等
ビジネスフォーマット型フランチャイズ(business format franchising) 事業者が商標や商品だけでなく、自社で開発し成功をおさめた事業や店舗経営のノウハウをそっくりライセンスする手法である。 今日、物販(小売)業、中食業、外食業、サービス業の全ての分野において広くおこなわれている。フランチャイズという場合はこのタイプを指すことが多い。
コンバージョン(転換)型フランチャイズ(conversion franchising) ・本部事業者が同業者とフランチャイズ契約を結ぶことで、自己のネットワークを広める手法である。これに参加する同業者は、ネットワークの持つブランドと知名度・信用とシステムを利用できると共に、自社の企業名も利用して事業ができるという利点を持つ。
・本部が自己のフランチャイズに適した業種・業態の店舗をフランチャイズ化(転換させる)するときもこの名称を使用する場合があるが、本来の意味は異なる。
・すでに事業をおこなっている同業者を契約先にするが、現在最も顕著に見られるのは不動産業である。
・異業種の事業者で多角化をはかりたい、当該事業のベテラン営業経験者が独立したい、といった場合にも、このフランチャイズは有効である。
フランチャイザーがフランチャイズの展開と運営上で採用する方式による種類
名 称 内容説明 関連事項
単体型フランチャイズ(unit franchising) ・フランチャイザーが一店舗一加盟店(unit)ごとにフランチャイズ契約を締結して展開する方式である。
・店舗を複数経営して大きくなったフランチャイジーについては、日本では、
メガ・フランチャイジーと称する。
全ての業種・業態において広く行なわれている。
複合型フランチャイズ(multi-unit franchising) エリアーエントリー方式
これは、フランチャイザーが、ある一定の地域において、一定の期間内に、複数の店舗を開設する権利を、フランチャイジー希望者へ一括して許諾する方式である。このエントリー契約を結んだ後で、店舗物件が決まり次第、フランチャイズ契約を個々に締結することになる。
サブフランチャイズ方式
又は別名
エリアフランチャイズ方式
地区(域)本部制

フランチャイザー(マスターフランチャイザー)の経営余力が足りないか、コントロールができない遠隔地、又は国際的な展開において、フランチャイズ展開(開発と運営の全て)の権利をすっかり他の事業者(サブフランチャイザー)へ許諾する方式である。
これも全ての業種・業態において広く行なわれており、展開企業によっては、マスターフランチャイザーを総本部、サブフランチャイザーを地域(区)本部などと呼ぶところがあるので、名称ではなく両者の契約内容と展開の方法で判断すべきである。
ターン・キー(turn key)型フランチャイズ これは、フランチャイズの一類型に分類されるものではなく、フランチャイザーとフランチャイジーとの間の契約と投資分担から生まれた店舗開発上の方式である。 フランチャイザーが店舗づくりまで行ない、開店日にフランチャイジーに鍵を手渡してオペレーションが始まるところからこの呼び名がある。これは、むしろ運営委託方式に近いといえるだろう。
フランチャイズに類似した事業のいろいろは → こちらへ
アメリカのフランチャイズ・ビジネス分野 → こちらへ
←トップページへ戻る↑このページの先頭へ戻る |