フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サト
←トップページへ戻る
フランチャイズシステムとは
franchise system
ここではフランチャイズを支えるシステム(仕組み)について説明しています。
はじめにフランチャイズの定義です
日本の定義
フランチャイズとは、事業者(「フランチャイザー」と呼ぶ)が他の事業者(「フランチャイジー」と呼ぶ)との間に契約を結び、自己の商標、サービスマーク、トレー ド・ネームその他の営業の象徴となる商標、及び経営のノウハウを用いて同一のイメージのもとに商品の販売その他の事業を行う権利を与え、一方フランチャイジーはその見返りとして一定の対価を支払い、事業に必要な資金を投下してフランチャイザーの指導及び援助のもとに事業を行う両者の継続的関係をいう
一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会(略称:JFA)の定義より
(昭和47年6月策定、同54年4月一部改定)
アメリカの定義

Franchising is a method of distributing products or services.  At least two levels of people are involved in a franchise system: (1) the franchisor, who lends his trademark or trade name and a business system; and (2) the franchisee, who pays a royalty and often an initial fee for the right to do business under the franchisor's name and system. Technically, the contract binding the two parties is the “franchise,” but that term is often used to mean the actual business that the franchisee operates.

フランチャイジングとは、商品・サービスの流通手段である。少なくとも二者がフランチャイズ・システムに係わり合いを持つ。(1)一人はフランチャイザーであり、フランチャイザーは商標もしくは商号とビジネス・システムを提供する。(2)もう一人はフランチャイジーで、フランチャイザーの名称とシステムの下で事業を行う権利を取得するために、ロイヤリティーや時にはイニシャルフィーを支払う。法的には、二者間の契約が「フランチャイズ」であるが、時にはフランチャイジーが運営する実際の事業を意味するのに使用される
International Franchise Association 国際フランチャイズ協会(略称:IFA)の定義
(IFAのホームページより 邦訳はフランチャイジングJP)
フランチャイズシステムの説明
フランチャイズは、次のような理念、仕組み、構造などで成り立っており
大きく基本システムとサブシステムがあり、総括してフランチャイズシステムと称します
基本システムとサブシステム
《基本システム》
1.チェーンストアー・システム chain store system
チェーンストアー理論による3Sがシステムの根底にあります。3Sとは、スリー・エスと呼び、標準化(standardization), 単純化(simplification),専門化又は分業化(specialization)の3つのSを指します。この考え方に基づいてシステムは構築されています。出店のドミナント戦略や加盟店開発もチェーンストアー理論に基づいています。
2.マス・システム mass (merchandising) system
規模の経済、即ちマス(大量、mass)を追求することで、マス利益を達成します。一般的に店舗数が200店舗以上になれば,マスの利益が出ると言われております。
3.コラボレーション・システム collaboration system
本部と加盟店とが協働(コラボレーション、collaboration)することにより、共に事業の成功を達成します。共存共栄、理念の共有という言葉だけでなく、仕組みとしての協働を意味します。
《サブ・システム》
1.分業の仕組み specialization system
専門化又は分業化(specialization)の考え方により、本部は、企画・計画、新商品・サービス開発、販売促進、新業態開発など(本社機能)を担い、加盟店は現場のオペレーション(店舗機能)を担当します。
2.オペレーション・システム operation system
店舗段階(店舗構造を含む)での作業の標準化(standardization), 単純化(simplification)された仕組みの構築が、フランチャイズ運営の大前提になります。加盟店がコストダウンでき、収益を挙げる源泉がここにあります。
3.トレーニング・システム training system
本部のフランチャイズ・パッケージの内容を、加盟店へトレーニングする仕組みです。加盟店の開業時のみならず、開業後に行われる継続的なトレーニングも意味します。
4.マネージメント・システム management system
契約書の作成からはじまり、マニュアル化、PLAN、DO、SEEの管理のサイクル、そして契約解除までの一連の管理業務のシステム化を意味します。知的財産の法的保護や機密保持、強制法規遵守の仕組みも含まれます。何百、何千、何万という店舗数を運営するには、地味ながらこのしっかりしたマネージメント・システムが必要になります。
5.サプライチェーンマネージメント・システム supply chain management system
特に、物販(小売)業、中食業、外食(飲食)業には店舗の展開エリアーと店舗数の増大に伴い必要不可欠になります。商品、製品、食材、原材料、副素材、包装資材、消耗品などを加盟店へ小ロット・高頻度・ジャストインタイムで配送するための仕組みです。必ずしも自前である必要はありません。
6.ナレッジマネジメント・システム knowledge management system
本部と加盟店が知識・情報を共有する仕組みです。本部要員の人材育成と、フランチャイズ・パッケージのバージョンアップのために絶対欠かせない仕組みです。加盟店のオペレーション上での創意工夫や成功事例を本部に集約し、チェーン全体として共有するのもこの仕組みがあって可能になります。
7.ITシステム information technology system
情報の処理(コンピューター)と通信のための仕組みです。ロイヤリティの徴収、会計処理、販売データベースの作成、顧客情報の蓄積などに留まらず、加盟店のオペレーションのコストダウンと効率化、競合他社との差別化に寄与する仕組みです。ハードよりも本部のノウハウが具現化されたソフトの方が重要になります。
8.スーパーバイジング・システム supervising system
本部のフランチャイズ・パッケージの内容を加盟店へ教え指導すると共に、加盟店の情報を本部へフィードバックする仕組みです。全てのシステムがここに関係し、凝縮されていると言えます。
←トップページへ戻る↑このページの先頭へ戻る